teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: とおりすがりさんのブログから

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2015年 8月11日(火)23時26分2秒
返信・引用
  パンダさんへのお返事です。

> ネパールの状況が良いほうに進展してたら私もこの援助辞退は「硬直に過ぎる」って思うけどさ、何やら、革命の進展が日本の「反原発状況」みたいで、そこへ地震の追い討ちで、それはなんだか日本の安倍の好き勝手やり放題にカブル。とことん、行くとこまで行ってみないとだめなのかなー?って落胆してしまう。だから、この「質実剛健」は、行き過ぎた、ではなく、@行き着けた質実剛健@ って感じられるのです。

「分かち合えば余る、奪い合えば足りず」(豊田勇造)
共産主義の唄じゃないけれど、難しくするのは人間。
本当に『頼むよね』って感じで、夢は託すしかないのかも。ネパールじゃね。
できることがあるなら応援のプロパガンダはいとはないが、通りすがりさんがかかないとなあ。

> こっちは、前世の報いだそうで「肩腱板断裂」。右腕が上げられない。釣竿は半年もってない。仕事は泣き泣きこなしてるけど、(泣き)

あはは、数年前鮎の引抜をするたびに「ぎゃ!」と叫んでたのを思い出す。右の次が2年前くらいに左に来た。原因と対処さえ解ればたいしたこと無かった。
無理やりつりに行って酷使する。
究極のリハビリ。足を骨折したときに3月解禁から川に入り、でこぼこすべすべを『鍛錬』しリハビリは完璧だった。

あんときの痛さは、歩くたびに踵から脳天に来るんだけれど『目的意識性』=左翼的使命に置換して、とにかく誤魔化してでも乗り越えた。
 
 

Re: とおりすがりさんのブログから

 投稿者:パンダ  投稿日:2015年 8月 5日(水)20時47分20秒
返信・引用
  > No.6356[元記事へ]

セクトNo.7さんへのお返事です。


> アルプスヒマラヤ造山帯だもん。
> あまりにも硬直した質実剛健は、どうなんだろうな。

ネパールの状況が良いほうに進展してたら私もこの援助辞退は「硬直に過ぎる」って思うけどさ、何やら、革命の進展が日本の「反原発状況」みたいで、そこへ地震の追い討ちで、それはなんだか日本の安倍の好き勝手やり放題にカブル。とことん、行くとこまで行ってみないとだめなのかなー?って落胆してしまう。だから、この「質実剛健」は、行き過ぎた、ではなく、@行き着けた質実剛健@ って感じられるのです。


> あゆ釣と酒のせいで布団に当日寝たことない。


こっちは、前世の報いだそうで「肩腱板断裂」。右腕が上げられない。釣竿は半年もってない。仕事は泣き泣きこなしてるけど、(泣き)


> 誘発されるのも良いけれど、若い連中がやっと立ってきた。それを喜ぼうよ。


そうですね。
 

Re: とおりすがりさんのブログから

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2015年 8月 5日(水)00時36分52秒
返信・引用
  > No.6355[元記事へ]

パンダさんへのお返事です。

> http://blogs.yahoo.co.jp/rocamurka/56896830.html
>
>
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
> 前回、会ったときIさんがおいらに言った事を思い出す・・・
>
> ロルパのマオバティ左派から分派した最左派の村は医療活動は受け入れたがそれ以外の物質的援助は、「我々は生産組合を作り平等に分配しているので一切の援助は必要ありません。そうしなければ物質依存体質を克服できません。それに、みんなで食べる食料はあります。しかし、申し出だけは有り難く受け取ります。」
>
> といわれ歓待された事を眼を輝かして語ってくれまた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
>
> くそ暑くて寝苦しい夜が続いていたけど昨夜はよく寝られた。

同意見だが、もらえるものは貰って共同管理したほうが、明日はわが身の地すべり地帯。
アルプスヒマラヤ造山帯だもん。
あまりにも硬直した質実剛健は、どうなんだろうな。

医療は受け入れているんだから、硬直じゃないと思うけれど原理的なんだろうね。
東北は寝苦しいかどうか、俺には分からない。
あゆ釣と酒のせいで布団に当日寝たことない。

一応、仕事もし、社会生活だけは営んでるが。
ま、そんなとこな。

誘発されるのも良いけれど、若い連中がやっと立ってきた。それを喜ぼうよ。
もちろん、、どうしようも無いけれどさ。
先進国といわれているところで組織するというんは、カテゴリーの世界じゃないんだなあ。
俺らはある知恵を出すだけです。

邪魔しちゃいけないのが半分、説教するのが半分。
思案端ブルース。


 

とおりすがりさんのブログから

 投稿者:パンダ  投稿日:2015年 8月 3日(月)05時17分39秒
返信・引用
  http://blogs.yahoo.co.jp/rocamurka/56896830.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、会ったときIさんがおいらに言った事を思い出す・・・

ロルパのマオバティ左派から分派した最左派の村は医療活動は受け入れたがそれ以外の物質的援助は、「我々は生産組合を作り平等に分配しているので一切の援助は必要ありません。そうしなければ物質依存体質を克服できません。それに、みんなで食べる食料はあります。しかし、申し出だけは有り難く受け取ります。」

といわれ歓待された事を眼を輝かして語ってくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


くそ暑くて寝苦しい夜が続いていたけど昨夜はよく寝られた。
 

111

 投稿者:111  投稿日:2015年 7月20日(月)12時07分26秒
返信・引用
  test  

Re: 文献の文字化け

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 4月 1日(水)20時04分41秒
返信・引用
  > No.6352[元記事へ]

ひろさんへのお返事です。

> 前に解決した問題だったら、もう一度持ち出して申し訳ないですが、文献に(日本JRCL小史とか)文字化けが出ていると思います。直したものがあったら、すごく助かります。ありがとうございます。

すいません。自動電子化ソフトを使っていて、文字化けはチェックできていません。時間もありません。
 

文献の文字化け

 投稿者:ひろ  投稿日:2015年 4月 1日(水)15時32分17秒
返信・引用
  前に解決した問題だったら、もう一度持ち出して申し訳ないですが、文献に(日本JRCL小史とか)文字化けが出ていると思います。直したものがあったら、すごく助かります。ありがとうございます。  

いえどういたしまして

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 3月 2日(月)15時20分51秒
返信・引用
  You are Welcome! \(^o^)/  

まっぺんさんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2015年 2月 5日(木)01時38分25秒
返信・引用
  ありがとうございます。  

Re: 歴史的経緯でいうと

 投稿者:トロ青  投稿日:2015年 2月 4日(水)23時47分51秒
返信・引用
  > No.6343[元記事へ]

そいえば、Dictatorship of the Proletariatの日本語は「プロレタリアート独裁」だが、一般民衆にとって、「独裁」は悪い言葉だ。その中国語は「無産階級専政」です。「専政」の意味は「すべての政権は無産階級に」です。日本語の翻訳より、中国語の翻訳は良いと思います。
 

セクトさんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2015年 2月 1日(日)02時00分57秒
返信・引用
  今を生きる。

じゃないかな。
 

Re: またひとつ問題がある

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2015年 1月31日(土)13時14分57秒
返信・引用 編集済
  > No.6340[元記事へ]

トロ青さんへのお返事です。

> > > マルクスの思想はマルクス主義と呼ばれて、マルクス主義を信じるひは、マルクス主義者とよばれる、じゃあ、なぜトロツキーの思想は、トロツキズムと呼ばれて、彼の主義を信じる人はトロツキストとよばれるか?


単なる日本語的な「語呂」じゃないでしょうか。
マルキスト=マルクス主義者は使うけれどレーニスト=レーニン主義者は使うことがありません。舌をかみそうになります。
スターリニスト=スターリン主義者も同様です。これを使うときは蔑称でから、罵るときは「このスターリニスト官僚が!」と言ったほうが日本語的な語呂はいいのです。

トロツキーという名前が日本に入ったときは『革命の裏切り者=トロツキスト』として知られましたから、トロツキー主義という思想があって良いわけありません。共産党的には。
ですからトロツキストという言葉で定着したと思います。
インターの諸君は「そうだ。俺たちこそトロツキスト=真の革命家だ」と、開き直って言い切ったことも事実ですが。ほかの新左翼はトロツキストの名に値しないなどとね。

日本語は語呂と意味をさまざま使用する難解な言葉です。使用する文字だって漢字・ひらがな・カタカナ・最近はアルファベットまで。いまやハングルでしか字を書けない半島の人間とは違います。
なんちゃって。

そういえば中華人民共和国って三分の二が日本だって知ってますか。
人民と共和国って言葉=漢字は日本人の発明です。中華だけが自前の言葉。

単なる日本語的な語呂の感じ方と思ったほうが、簡単な理解だと思います。

一部、問題となる文面があったことを、関係各位に対し陳謝します。
 

まっぺんさんへ

 投稿者:ヤマ  投稿日:2015年 1月31日(土)01時18分56秒
返信・引用
  FBにメッセージ送らさせて頂いています。

メッセンジャーにセットなされていらっしゃいますので、ご確認頂ければ幸いです。(*^-^*)
 

歴史的経緯でいうと

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 1月27日(火)13時57分56秒
返信・引用 編集済
  「トロツキズム」という言葉は最初に日本共産党によって持ち込まれました。ソ連共産党直系であった日本共産党は、ソ連で「裏切り者、背教者、ファシストの手先」という悪いイメージを伴った言葉である「トロツキズム」「トロツキスト」という言葉を輸入し、戦前からそのまま使っていました。一方、山西英一によって密かに日本に持ち込まれたトロツキーの思想は、戦後になってから出版され、広められていき、戦後の学生運動の中で、あるいは共産党のごく一部の中で読まれ、支持者を拡げていきました。

ここで悪いイメージを持って広まった「トロツキズム」に対して「トロツキー主義」と言い換えるわけにはいかなかったのではないか、と想像します。それでは「トロツキズムは悪いけど、トロツキー主義は良い」というような誤解を生むかも知れません。スターリンによって貶められたトロツキーの思想そのものを復権させるためには共産党が使っている「トロツキズム」をあえてそのまま使い、それを広めてゆく必要があったのではないでしょうか。そのように考えると、「トロツキー主義・トロツキー主義者」があまり広まらなかった事が理解できます。

なお、共産党はトロツキーへの憎しみのあまり間違った命名をしています。「トロツキズム・トロツキスト」と言わず、「トロッキズム・トロッキスト」と小さい「ッ」で呼んでいました。
 

別に深い意味はないでしょう

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 1月27日(火)11時16分40秒
返信・引用 編集済
  >日本語には、「トロツキー主義」及び「トロツキー主義者」ではありません、「トロツキズム」と「トロツキスト」であります。これはどうして?

英語で言っても日本語で言っても構わないと思いますけど、単に「流行らなかっただけ」だと思います。
「トロツキー主義者」だと長いからかなぁ?

あ!そう言えば「レーニン主義者」とは言うけど「レーニスト」ってあまり言いませんね。
「レーニズム」「レーニン主義」はどっちも使うけど。
 

Re: またひとつ問題がある

 投稿者:トロ青  投稿日:2015年 1月23日(金)19時15分7秒
返信・引用
  > No.6339[元記事へ]

まっぺんさんへのお返事です。

> トロ青さんへのお返事です。
>
> > マルクスの思想はマルクス主義と呼ばれて、マルクス主義を信じるひは、マルクス主義者とよばれる、じゃあ、なぜトロツキーの思想は、トロツキズムと呼ばれて、彼の主義を信じる人はトロツキストとよばれるか?
>
> あくまでも「まっぺんの理解では」という前提で話します。
> マルクス主義はいくつかの「分派」に分かれています。マルクスの死後、それをエンゲルスが引き継いで、第二インターナショナル創設なども精力を注ぎましたが、そこからベルンシュタインとか、カウツキーなどの系統が生まれていきます。一方、レーニンやローザ、トロツキー等はこの第二インターナショナルを批判し離れていく。ロシアではレーニン、トロツキー等によってロシア革命が成功し、レーニンの死後、この路線は「マルクス・レーニン主義」と呼ばれるようになる。たぶんレーニンは「レーニン主義」と呼ばれるのは不本意だったと思いますね。ところで「トロツキズム」については、私は現役時代、「マルクス・レーニン主義のことだ」あるいは「革命的マルクス主義のことだ」と学びました。あの頃は様々なマルクス主義の系統の中で唯一「レーニン主義だけが正しい」という風潮があったので。
> 一方、「マルクス・レーニン主義」という言葉は主要に毛沢東主義者によって毛沢東思想のことを指すようにもなっていましたね。
>
> 現代では、革命ロシア、つまりレーニン主義の成果が崩壊したことで、かつてほどにはレーニン主義の権威はありません。もう一回仕切り直しして、世界を再構築するために、様々なマルクス主義の分派の中から新たな発見をしていけばいいと思います。少なくともレーニンやトロツキーについては、現代世界を分析するための方法論としてはいまだに有効であると思いますが、現実の革命路線としては実践的ではないと思っています。
>
>

真剣に答えられるはありがとうございますが、わたしは文法の意味でこの問題提出します。
たとえば、マルクス主義=マルクス(人の名前)+主義、じゃあ、トロツキー+主義=トロツキー主義。
でも、日本語には、「トロツキー主義」及び「トロツキー主義者」ではありません、「トロツキズム」と「トロツキスト」であります。これはどうして?
 

Re: またひとつ問題がある

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 1月23日(金)17時51分17秒
返信・引用
  > No.6338[元記事へ]

トロ青さんへのお返事です。

> マルクスの思想はマルクス主義と呼ばれて、マルクス主義を信じるひは、マルクス主義者とよばれる、じゃあ、なぜトロツキーの思想は、トロツキズムと呼ばれて、彼の主義を信じる人はトロツキストとよばれるか?

あくまでも「まっぺんの理解では」という前提で話します。
マルクス主義はいくつかの「分派」に分かれています。マルクスの死後、それをエンゲルスが引き継いで、第二インターナショナル創設なども精力を注ぎましたが、そこからベルンシュタインとか、カウツキーなどの系統が生まれていきます。一方、レーニンやローザ、トロツキー等はこの第二インターナショナルを批判し離れていく。ロシアではレーニン、トロツキー等によってロシア革命が成功し、レーニンの死後、この路線は「マルクス・レーニン主義」と呼ばれるようになる。たぶんレーニンは「レーニン主義」と呼ばれるのは不本意だったと思いますね。ところで「トロツキズム」については、私は現役時代、「マルクス・レーニン主義のことだ」あるいは「革命的マルクス主義のことだ」と学びました。あの頃は様々なマルクス主義の系統の中で唯一「レーニン主義だけが正しい」という風潮があったので。
一方、「マルクス・レーニン主義」という言葉は主要に毛沢東主義者によって毛沢東思想のことを指すようにもなっていましたね。

現代では、革命ロシア、つまりレーニン主義の成果が崩壊したことで、かつてほどにはレーニン主義の権威はありません。もう一回仕切り直しして、世界を再構築するために、様々なマルクス主義の分派の中から新たな発見をしていけばいいと思います。少なくともレーニンやトロツキーについては、現代世界を分析するための方法論としてはいまだに有効であると思いますが、現実の革命路線としては実践的ではないと思っています。

 

またひとつ問題がある

 投稿者:トロ青  投稿日:2015年 1月23日(金)15時57分13秒
返信・引用
  マルクスの思想はマルクス主義と呼ばれて、マルクス主義を信じるひは、マルクス主義者とよばれる、じゃあ、なぜトロツキーの思想は、トロツキズムと呼ばれて、彼の主義を信じる人はトロツキストとよばれるか?  

Re: URL合ってますか?

 投稿者:トロ青  投稿日:2015年 1月23日(金)15時50分24秒
返信・引用
  > No.6336[元記事へ]

まっぺんさんへのお返事です。

> 国際革命文庫も含めてこちらからお願いします。
> http://red-mole.net/

やはり問題はURLです。今すべての文字化けは直した、とってもありがとうございます!
 

URL合ってますか?

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 1月23日(金)15時26分48秒
返信・引用
  国際革命文庫も含めてこちらからお願いします。
http://red-mole.net/
 

レンタル掲示板
/112