teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:72/2204 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

オール沖縄論の直近の原点2

 投稿者:焚火派GALゲー戦線  投稿日:2014年 7月27日(日)12時15分9秒
  通報 返信・引用
   さて、「革新共闘」でなく「集団的自衛権反対」でもない単に「迷惑施設反対」(これなら左右は取りあえず関係ない)の立場から反対するのはダメだとは言いづらい面は確かにあります。(ヤマトでは既に原発などの危険な「迷惑施設」に反対して行動する県レベルの有力地元政治家自体が稀。) 沖縄だけに「もう一段格の高い・志の高い行動をしろ」と上から目線で言うのはとても心苦しいものがあります。
 しかし、いかに反主流のさらに傍流であっても保守政治家に最後まで課題を押し通す基盤なり・能力なりがあるとは思えません。 どうやら、オール沖縄で翁長氏を推すことになるようです。 仲井真や下地には勝たねばなりませんが、仮に翁長氏が当選したとしてもすぐに次の「重大局面」が出来するでしょう。 当戦線が言うまでもないでしょうが、そのときのために立ち上がる準備を沖縄の左翼勢力は怠らないでいただきたい。 間違っても、第一次国共合作(直後の上海クーデターで共産党は大打撃を受けた)の現代版にならないように祈っている。
 
 
》記事一覧表示

新着順:72/2204 《前のページ | 次のページ》
/2204