teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/2199 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

記憶しておくこと

 投稿者:焚火派GALゲー戦線  投稿日:2016年 7月18日(月)21時23分38秒
  通報 返信・引用
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H7O_T10C16A7PP8000/
南スーダン在留邦人が退避 チャーター機でケニア到着

2016/7/13 22:23

在ケニア日本大使館の関係者によると、政府側と元反政府勢力の戦闘が再燃した南スーダンの首都ジュバから13日、国際協力機構(JICA)の関係者ら在留邦人が退避し、チャーター機で隣国ケニアの首都ナイロビに到着した。日本の外務省筋は「日本人のJICA関係者らは全員、南スーダンを出た」としている。

 外務省によると、チャーター機はJICAが手配した。日本時間13日午後8時ごろジュバを出発したという。在留邦人に加え、日本の政府開発援助(ODA)に関連する外国人も搭乗しているとみられる。

 ジュバの空港は12日までに再開され、外国人らが国外に退避する動きが始まっていた。日本政府は近隣国のジブチに自衛隊機を向かわせたが、到着していない。


 対立関係にあるキール大統領と元反政府勢力トップ、マシャール第1副大統領は11日、それぞれ指揮下の兵士らに戦闘停止を命令した。国連当局者らによると、その後散発的な銃撃はあるものの、事態は小康状態に入ったもようだ。

 米大使館は、退避を望む米国人全てを対象に航空機を手配する方針。

 このほか、緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」などの支援団体もスタッフを引き揚げつつある。南スーダンに隣接するウガンダは、自国民を退避させるため部隊を派遣する方針。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/2199 《前のページ | 次のページ》
/2199