teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:67/2202 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

三浦さんへ

 投稿者:まっぺん  投稿日:2014年 9月12日(金)18時30分14秒
  通報 返信・引用
  映画「チスル」に関連して、ですが、あれは1948年の済州島のことですね。すさまじい「アカ狩り」の結果、あの小さな島で7万人もの人々が殺された。済州島は自然の風景はなんとなく沖縄に似ていますが、朝鮮(韓国)の中でも政治的に特殊な位置にあり、ちょうど日本における沖縄にも似たところがあります。いまでも済州島民は韓国の中でも差別される位置にあり、例えば日本にも済州島出身の在日がいますが、彼らは日本から差別され、韓国からも差別されるという二重の差別構造の中にある。

さて、今回この済州島を舞台にして「従軍慰安婦狩りの業務をやった」とする吉田氏の証言を朝日新聞が全面否定した件についてです。この吉田証言を巡っては、以前から賛否両論あり、元千葉大学の秦郁彦教授が現地を調査して「嘘だ」とし、そのあと中央大学の吉見義明教授が同じく現地を調査して「嘘とは決められない」とした。秦郁彦氏は防衛大学だの大蔵省界隈に出入りしていてどちらかと言えば日本の権力者側に近い位置にいる人です。しかしその秦氏でも従軍慰安婦の問題を否定はしていないし、南京虐殺についても数万人は殺したという見解を持っている。一方、吉見教授は市民の目線でやってきた人で、従軍慰安婦に関する大量の書類を自衛隊の資料室から発見したのも吉見教授でした。自衛隊の資料室や図書館には旧日本軍の未整理の資料がたくさん眠っていて、それを発掘したものです。

吉見教授は済州島を調査したとき、住民が「ヨソ者」を警戒してなかなか顔をだそうとしなかった事、事実をなかなか話そうとしなかったなどの排他的な空気を挙げていますね。済州島民がそういう態度をもっているのは、やはり4・3事件の後遺症だったのではないかと思われます。また、「慰安婦」についての聞き取り調査ですから、80年代当時ではまだ告白する勇気が無かったのではないでしょうか。そうした諸々の条件を考えると、吉田氏の証言は「証拠としては不十分」とは言えるけれども、あからさまに「嘘だ」「ねつ造だ」と決められるものでもありません。「ねつ造だ」とする証拠も出てきていない。

しかし、吉田証言が信用ならないとしても、例え「嘘だ」ったとしても、それは従軍慰安婦の存在が嘘だったという事にはなりません。ここが右翼が使う巧妙な「ダマシ」のテクニックです。吉田証言が却下されたのは文字通り「却下された」のであって「従軍慰安婦はなかった」事の「有力な証拠」になっているわけではない。「あった事が証明されない」だけであって、「なかった事が証明された」のではない、という事です。また、その他にもたくさんの証拠が存在します。いくつもの証言や証拠がある中でひとつが「嘘」だったら、その他も全部嘘なのでしょうか?

そいうわけで、従軍慰安婦問題、吉田証言について考える上でもこの「チスル」という映画はお薦めですね。\(^o^)/
http://www.u-picc.com/Jiseul/

 
 
》記事一覧表示

新着順:67/2202 《前のページ | 次のページ》
/2202