teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:185/2202 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

私は経済的には「リベラル左派」です。

 投稿者:まこと@スマホ  投稿日:2013年 6月25日(火)19時31分37秒
  通報 返信・引用 編集済
  「自己責任」云々についての伊達さんの論述は、意味不明です。当てこすりとしか思えないです。

「タカリ」云々については、先に引用したTAMO2さんのブログのコメントが全てを語っています。

ちなみに、内部留保についての日本共産党などの議論は、企業会計などを少しでも齧っている人にとっては、荒唐無稽なものに過ぎないというのが現実だと思います。


投稿者:たみたみ2013/4/12  9:23
既得権イコールたかり、とされてしまっていますね。既得権と言っても歴史的戦いの結果得られてた本来なら育てるべき権利と本当の既得たかり的権利は別なんだろうけれど、この区別はよく考えると誰でも納得できるような簡単な区別ではないですよね。私の労働組合での小さな経験でも、労働の権利を守れという言い方で、合理的と思われる進歩に対して抵抗することがたくさんありましたが、生活の権利を守れなら共感できても、職種の変遷そのものを否定するのは無理があると思いました。むしろ衰退する産業や技術から早く足を洗えるような政策を推進すべきだったのに、、、。当面の生活を守るだけになってしまう。労働組合はそれでいいと思いますが、党はもっと長期的展望を示すべきでしたが、大衆迎合から抜けられなかった。自分の反省でもあります、、、。現代で言えば、例えば脱成長のこと。これ以上贅沢はいらない、地球を守ろう、はいいんだけれど、技術の進歩も要らないの?とも思う。私は電子技術者でしたが(今も?)例えば小型化、低電力化、高速化は技術進歩の象徴的目標ですが、これらは否定されるべきとも考えられないのです。このあたりの進歩観(?)も丁寧な議論を要すると思っています。
投稿者:TAMO22013/4/10  21:06
たみたみ様:
お久しぶりです。本当なら、マルクス恐慌論などに依拠して、不況のときこそ強くなるのが左翼であるべきなのかも知れませんが、そんなのは戦前ドイツまでですかね。

結局、全世界を獲得する意思も能力もなくなった時点で、書かれるようなことになったのでしょう。そして、サヨク=タカリの集団という、若者のイメージが出来てしまい、「ああはなりたくない」集団の筆頭株、というわけです。
投稿者:たみたみ2013/4/10  11:32
サヨクは経済の上昇局面では元気だが下降局面では出番がない。上昇局面では分配が、下降局面ではパイの生産そのものが、重要視されるから、でしょうかね。パイの生産は資本を利するもの、との観念が強く染み込んでいる、だから開発行為には冷淡。つまり経済には保守的なスタンスになる、我われサヨク仲間ではこういう話になることが多いです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:185/2202 《前のページ | 次のページ》
/2202